絵本の読み聞かせの効果とは?生後半年から絵本を読み続けて感じたこと

「子供に絵本を読み聞かせるのはいいこと」
「赤ちゃんでも絵本は楽しめるもの」
という話を支援センターや育児相談などで聞き、長女が生後半年頃から絵本の読み聞かせを始めました。
その結果絵本は習慣化し、寝る前は読書タイム!6歳になる今も継続中です。

私も本が好きなので本を楽しめる子供になってよかったなと思っていますが、読み聞かせを続けたことで感じるメリットは他にも。

今回は、絵本の読み聞かせは子供にどんな効果をもたらすのか、6年継続して感じることをレポート。

  • 絵本の読み聞かせはいつから?
  • 絵本の読み聞かせの効果
  • 年齢別おすすめ絵本

をご紹介します。

絵本の読み聞かせはいつから始める?

私は娘が生後半年頃から意識して絵本を見せることを日課にしました。
生後半年といえば、首が座り、膝に乗せて支えてあげれば座っていられる位の頃。
もちろんまだお喋りもできず会話は出来ない頃ですが、特徴的な音に喜んだり、やカラフルなページに注目したり、赤ちゃんでもちゃんと絵本に興味を示してくれました。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

みず ちゃぽん」という絵本の中で水が落ちてくる「ぴちゃ」という音を強調して読んだところ、すごく反応したのを覚えています。
強弱をつけた読み方ができる本は、赤ちゃんも楽しめると思います!

3歳くらいまでは正直ストーリーを楽しむというよりも、音やイラスト、しかけに喜んだりする部分の方が大きいように思います。
しかし、我が家では早くから絵本と触れ合ってきたことで、長女も次女も絵本が好きな子に成長。
まだ「◯ヶ月だから絵本は早いかな」ということはなく、ママが始めたいときにスタートしてOKなのではないかと思います。

絵本の読み聞かせの効果って?6年続けて感じること

子供に絵本を読んであげるという母親らしい行動に憧れて始めた読み聞かせですが、子供の成長の中には「読み聞かせの効果かな」と感じる面も。
生後半年から続けたことで感じている、読み聞かせの効果はこちらです↓

集中力が身につく

気が散りやすい子供にとって、静かに人の話を聞くのは割と難しいものだと思いますが、絵本は自然とその行動が身につくもの。
おもちゃで遊んでいる時も集中することはもちろんありますが、絵本を読んでいる時は自分主体で動いてないのに集中できる場面。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

特にはじめて読む絵本では、次の展開がわからない分、しっかり絵を見て静かに話を聞いてくれるように感じます。

スッと話に入り込める位の集中力が身についたからか、長女も次女も2歳頃から映画館で映画を楽しめるように。
アニメオンリーですが、騒ぐこともなくいつも最後まで楽しめています。
集中して勉強できる子に……という効果ももちろん期待したいですが、親子で一緒に楽しみたい場面などで、何かに集中できる力は身についていて損はないと思います。

想像力を育てられる

想像力

黙っていても流れていく動画と違い、絵本の場合ページをめくらないと次の展開がわかりません。
ハラハラする場面で続きは次のページとなっているときに、ページをめくる前にあえて「どうなると思う?」と子供に尋ねることがありますが、自分なりに次の展開を予想して答えてくれることがあります。
ただ話を受け入れるだけでなく子供なりに想像する間があるので、絵本には考える力を養う効果があると思います!

知識が増える

絵本に触れることで知識や知恵が身につくことも。
りんごは木になるけどメロンは土の上になるなど、絵本で知識が身につく場合も。

三匹のこぶた

更に、家で「七ひきの子ヤギ」を読んだときは狼が怖かったようで、知らない人が来てもうかつにドアを開けてはいけないことを学んだよう。
絵本を通してストーリーや説明から知恵を身につけていくこともあります。

絵本を大事にするようになる

娘たちは絵本を破ったことも、落書きをしてしまったことも一度もありません。
「絵本を大事にしてね」と口に出して伝えてきたのもありますが、赤ちゃんの頃から一緒に読んでいたことで、絵本は見て楽しむものということを理解しているためだと思います。

読み聞かせを習慣化……デメリットはある?

いいこといっぱいの絵本の読み聞かせ。
我が家では「お風呂→絵本→寝る」という流れが習慣化しています。
子供が絵本と触れ合うことはいいことなので、寝る前は親子の楽しい読書タイム……と言いたいところですが!
絵本を習慣化したことで「実は親のこんな苦労があるんです!」ということを我が家の例からご紹介したいと思います。

疲れている日も調子が悪い日も絵本を読まなくてはいけない

喉が痛い

仕事で疲れて「眠いな」と感じる日も、喉の調子が悪くて声がカスカスの日も、絵本をパスできません(泣)
子供は意外と習慣を大事にするもの。
こちらの都合で「今日はやめておこう」という提案は受け入れてもらえません。

絵本を求めて図書館をハシゴすることも

子供が大きくなると絵本の好みが出てくるもの。
好きな絵本のシリーズを制覇したいと提案されることが。
絵本は意外と高いので図書館をヘビーユーズしていますが、いつも行く近くの図書館にない場合は、隣の市まで足を運ぶこともしばしば(汗)
子供のそういう積極性を否定できず、絵本の確保に精を出しています。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

無理してまで習慣化する必要はないと思うのですが、子供が喜ぶことを思うと頑張れてしまう。
ただ、調子が悪いときだけは勘弁してほしいです(笑)

年齢別おすすめ絵本

絵本を読み聞かせることで、集中力や想像力が育まれたり、本好きの子に育ったりといい効果はたくさん!
これからお子さんに絵本を読んであげたいと思うママに向けて、私が実際に読んだ中で「これは子供もハマった!」というおすすめ本を紹介させて頂きます。

0歳児 おすすめ絵本

◆しましまぐるぐる◆
絵本デビューにおすすめ。
セリフはほぼなく、「しましま」と「ぐるぐる」のイラストを繰り返すのみですが、コントラストがはっきりしたデザインなので、赤ちゃんも注目!
丈夫なボードブックなので、子供が破く心配もご無用です。

◆くっついた◆
シンプルなイラストがほっこりします♪
「きんぎょさんと きんぎょさんが くっついた」から始まり、最後にはママと子供がくっつく場面が。
絵本に合わせて子供と顔をくっつけると大喜びされたのを覚えています。
くっつくのが楽しくて我が家ではお気に入りの一冊でした。

1歳~2歳児 おすすめ絵本

◆どこかな?どこかな?◆
ボードブックで丈夫なつくりな上、こちらは「めくるしかけ」付き。
「どこかな?どこかな?」と言いながら隠れているねずみくんを探します。
1回やればどこをめくればいいのか覚えていそうなものですが、1歳位ですと意外と難しいのか、何度でも楽しめました。

◆ももんちゃんシリーズ◆
桃のような丸い顔にオムツ1枚のビジュアル。
なんとなく娘に似てるなと感じて読んだものですが、娘もドはまり!
簡単な擬音の繰り返しが多いので、小さい子でも楽しく読めます。
シリーズもので冊数も多いので、色々なお話を楽しめます。

◆アンパンマン◆
誰もが一度はハマるであろうアンパンマン。
やなせたかしさん作・絵のこちらの絵本は幼児が読むにしては割と長めですが、大好きなアンパンマンを始め、見知ったキャラクターばかりが出てくるので、最後まで飽きずに読めます。
特に映画化した絵本への食いつきはすごくよかったです!

3歳~おすすめ絵本

チェリーひめのかくれんぼ
おいしそうなスイーツでいっぱいの絵本。
カラフルでかわいい世界観なので女の子なら大喜び。
話の中でかくれんぼしたチェリーひめを探すのが楽しいようで、何度もリピートした本です。

しましまジャム◆
イラストの中にリアルなフルーツの写真が混ざった絵本。
ジャムを作っている様子がおいしそうで、「これ食べたい!」と子供も興味津々。
最後には本当にジャムの作り方が載っているので、子供と一緒に作ってみても楽しいかも♪
きつねとねずみのへんてこパンやさんシリーズとして、他にも出版されています。

へんしんシリーズ◆
「とけいとけい……」と繰り返す内に「けいとけいと……」になってしまうように、言葉を繰り返すとその内違う言葉になってしまう、言葉遊びを楽しむことに重点を置いたシリーズ。
子供と一緒に遊びながら読めるので、こちらのシリーズはドはまり!
ひらがなを読める子なら、子供に読んでもらうのもいいかも♪

6歳~おすすめ絵本

◆かいけつゾロリシリーズ◆
私も幼少期大好きだったゾロリの絵本。読んだことがある方も多いのでは?
幼児向け絵本からステップアップした児童向け絵本の分野に入るため、文章の量が増えますが、その分ハラハラドキドキする展開や迷路やなぞなぞも楽しめる!
ストーリーを楽しめるようになってきた年長の娘が今ハマっています。

◆わんぱくだんシリーズ◆
こちらも年長の娘がハマり中。
なかよし3人組のわんぱくだんが冒険するストーリーで、主人公たちの年齢が自分に近い分、子供は共感するのかも。
ストーリー性はありながら文章はそこまで長くないので、幼稚園くらいの子に丁度いい感じ。

まとめ

絵本の読み聞かせの効果とおすすめ絵本についてご紹介しました。
気に入った絵本は何度もリピートするので、いつの間にか子供が暗記してしまうことも。
「字読めないのに!覚えたの?!」と子供の成長に驚いたことがあります。
絵本探しに苦労したりと大変なこともありますが、読み聞かせは子供にいい影響が多いので今後も続けていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です