オルビスユーとオルビスユードットの違いは?実際に試して感じた違いを紹介

オルビスユーとオルビスユードットの違い

オルビスのスキンケアシリーズ「オルビスユー」と「オルビスユードット」。
「似ているけど何が違うの?」
気になって実際に両シリーズを試してみましたが、使用感が全然違う!

ここでは、オルビスユーとオルビスユードットを実際に使って感じた違いをご紹介。

  • それぞれの特徴
  • 使用感の違い
  • どちらがおすすめ?

といったことを中心にご紹介していきます!

オルビスユーとオルビスユードットの大きな違い

オルビスユードットは、オルビスユーの上位ライン。
抗炎症や美白の有効成分が規定量配合された医薬部外品です。
オルビスユーはあくまで化粧品ですが、オルビスユードットは薬用化粧品という点が2つのシリーズの大きな違いです。

エイジングケアを意識した年齢におすすめな点は共通しています。
しかし、オルビスユードットの方が美白有効成分などが含まれているので、乾燥やハリ不足に加え「シミ対策もしたい」という方に合ったアイテムです。

オルビスユー&オルビスユードット 使用感の違い

オルビスユー、オルビスユードットのトライアルセットをそれぞれ注文して使用感を確認してみました!

オルビスユー⇒「30代からの高機能スキンケア【初回送料無料】
オルビスユードット⇒「オルビス史上最高峰エイジングケア【初回送料無料】

期待できる効果に差があるとは言っても「使用感はそんなに変わらないのでは?」と思っていましたが、実際に使ってみればかなり違いがありました!

比較したのは以下の3アイテム。

  • ウォッシュ(洗顔料)
  • ローション(化粧水)
  • モイスチャー(保湿液・保湿クリーム)

使用感の違いをご紹介していきます!

ウォッシュ(洗顔料)の使用感の違い

ネネ
ネネ

「使用感にかなり違いが!」と申しましたが、正直ウォッシュに関しては使用感だけならそれほど大差はないように感じました。

手に出した感じはどちらも白いペースト状の洗顔料。
見た目に大差はない感じ。

オルビスユー・オルビスユードット ウォッシュの違い

洗顔ネットを使って泡立ててみると、どちらもモコモコの泡に!
弾力のあるしっかりとした泡。

オルビスユー ウォッシュ

顔にのせると、厚みのあるしっかりとした泡のおかげで肌に直接手を触れなくても顔が洗える点も共通しています。
若干オルビスユーウォッシュの方が泡の弾力感が強いかなと感じましたが、意識して使わなければわからないくらいの差だと思います。

どちらも泡切れはよく洗い流せばすっきり。ヌルつきが残るようなこともありません。

オルビスユードット ウォッシュ

配合成分は異なりますが、肌にハリや潤いを与える成分もそれぞれ含まれているおかげで、洗顔後に肌がつっぱることもありませんでした!

使用感だけで言うならあまり違いは感じませんでした。

ローション(化粧水)の使用感の違い

ローションは使用感にかなり違いがありました!

オルビスユーのローションは手に出そうとしても、ボトルからなかなか出てこないほどとろみの強いテクスチャー。
しかし、手に出した後に手のひらで伸ばす内にとろみが減っていき、肌にのせれば溶けるようになじんでいく不思議な使い心地。
ベタベタすることはないのに肌にしっとり感が出ます。

オルビスユー ローション

これに対してオルビスユードットのローションはあまりとろみを感じません。
手に出すときもボトルからスムーズに出てきます。
ただ、全くとろみがないサラサラな感じではなく、手のひらで伸ばす際にほどよいとろみを感じます。
肌の上に伸ばしやすく、かなりしっとり感が出ます。

オルビスユードット ローション
ネネ
ネネ

オルビスユーのインパクトのある使用感は面白いですが、個人的にはオルビスユードットのシンプルな使いやすさの方が好きだなと思いました。

モイスチャー(保湿液・保湿クリーム)の使用感の違い

こちらも使用感が全然違うアイテム。
同じモイスチャーでもオルビスユーのものは「保湿液」オルビスユードットのものは「保湿クリーム」とされているように、テクスチャーが大きく異なります。

オルビスユー モイスチャーはみずみずしく伸びのいいジェルのようなテクスチャー。
化粧水の後に使う保湿アイテムは大体ベタつくイメージがありましたが、こちらはしっとり感は増すのに全然ベタつかない!

ネネ
ネネ

全然ベタつかないなと思って確認してみれば油分無配合
油分に頼らず潤いをキープしてくれるところがすごい!

オルビスユー モイスチャー

それに比べてオルビスユードット モイスチャーはベタつきを感じました。
酸化しやすい油分は配合されていませんが、油分の配合あり。

どちらかと言えば硬めのしっかりとしたクリームです。
あまり伸びがよくないので、そのまま肌にのせると皮膚を引っ張りがちになるため、肌にのせる前にしっかりと手で温める必要があります。

オルビスユードット モイスチャー

しかし、これだけこっくり濃厚な感じなのに油分の配合はあまり多くなさそう。
ローション使用後とモイスチャー使用後の肌の水分・油分量をチェックしてみましたが、あまり油分の上昇がありませんでした。
(12月中旬に計測。使用したスキンチェッカーの理想的な水分量は30~50%、油分量16~28%)

オルビスユードットモイスチャー使用後の肌をチェック
ネネ
ネネ

油分多めの美容液やクリームを使った後に計測するとかなり油分量が上昇するのですが、こちらはあまり変化がありませんでした。
「こんなにこっくりしたクリームなのに油分量が多くない?」とびっくり!

伸ばしやすさ、使いやすさで言えばオルビスユーかなと思いますが、ちょとベタつくくらいにしっとりするオルビスユードットも保湿されている感があっていいなと思います。

\エイジングケアを意識し始めた方に/

オルビスユー ー週間トライアルセット

しっとりするのにベタつき少ないスキンケア

\乾燥対策・シミ予防にも力を入れたい方に/

オルビスユードット 一週間トライアルセット

オルビス史上最高峰エイジングケア

オルビスユー&オルビスユードット どちらも潤いの続く使用感

どちらも乾燥しがちな肌に潤いを与えてくれるシリーズ。
どちらのシリーズを使った場合でもスキンケア完了後の肌に触れるとしっとり感を感じます。

そして、スキンケアアイテムによっては時間が経つほど肌の表面がさらっとしてくるものもありますが、どちらもしっとり感が続く感じがしました。

実際にスキンケア完了から5分後、さらに暫く経ってからの肌の水分・油分量をチェックしてみましたが、どちらも数値に大きな変化はなし!

◇オルビスユー スキンケア完了後の肌の水分・油分量◇

オルビスユー スキンケア後の肌の水分・油分量をチェック

◇オルビスユードット スキンケア完了後の肌の水分・油分量◇

オルビスユードット スキンケア後の肌の水分油分量の変化

どちらの方が……ということはなく、同じくらい潤いをキープしてくれそう!

オルビスユー&オルビスユードット 配合成分は?値段は?
特徴をチェック

使用感の違いを紹介しましたが、実際にどちらがどんな人向きのシリーズ?
改めて2つのシリーズの違いを確認していきましょう。

オルビスユーの特徴

オルビスユー

※上の画像右から2つ目は「オルビスのリンクルホワイトエッセンス」。
初回限定トライアルセットの注文で付いてくるもの。
オルビスユーシリーズのアイテムではありません。

オルビスユーは角層内の潤いの巡りに注目し、細胞内を潤いで満たすことを重視したシリーズ。
2020年9月時点でベストコスメ65冠!

その効果を実感している方も多いと言えます。
具体的には以下のようなお悩みを抱える方向き。

  • 乾燥が気になる
  • 毛穴が目立つ
  • くすみによって顔色が悪く見えがち
オルビスユーシリーズの特徴や使用感についてこちらの記事で詳しく紹介しています↓
オルビスユー7日間体験キットオルビスユー トライアルセット使用レビュー|30代の肌に合う?使用感を紹介

\エイジングケアを意識し始めた方に/

オルビスユー ー週間トライアルセット

しっとりするのにベタつき少ないスキンケア

オルビスユードットの特徴

オルビスユードット

一方、オルビスユードットも保湿による乾燥対策を重視したシリーズですが、オルビスユーの上位ラインという位置づけ。
全てのアイテムが薬用化粧品です。
オルビスユーシリーズには配合されていない、以下のような有効成分を配合しています。

  オルビスユー オルビスユードット
ウォッシュ(洗顔料) 抗炎症成分
「グリチルリチン酸2K」
ローション(化粧水) 美白有効成分
「トラネキサム酸」
モイスチャー
(保湿液・保湿クリーム)
美白有効成分
「トラネキサム酸」

シミやゴワつき、ハリ不足といったエイジングサインに、より働きかける効果を持ったシリーズと言えます。
以下のようなお悩みを抱える方向け。

  • 顔のくすみが気になる
  • 乾燥が気になる
  • 肌にハリがなくなってきた
  • 肌がゴワついている感じがある
  • シミ対策をしたい
オルビスユードットシリーズの特徴や使用感についてはこちらの記事で詳しく紹介しています↓
オルビスユードットをお試しオルビスユードット トライアルセット使用レビュー|30代のエイジングケアにおすすめ

\乾燥対策・シミ予防にも力を入れたい方に/

オルビスユードット 一週間トライアルセット

オルビス史上最高峰エイジングケア

オルビスユー&オルビスユードット 値段の違い

基本の3アイテムの内容量は共通していますが、オルビスユードットの方が若干高額。

◇アイテムごとの値段の違い(税込)◇

  オルビスユー オルビスユードット
ウォッシュ(洗顔料)
120g
1,980 2,310円
ローション(化粧水)
180ml
2,970円 3,630円
モイスチャー
(保湿液・保湿クリーム)
50g
3,300円 3,960円

※ローション、モイスチャーは詰替え用もありますが、ボトル入りの価格を比較しています。

オルビスユー オルビスユードット おすすめはどっち?

オルビスユードットの方が上位ライン、薬用化粧品で美白有効成分なども配合されているとなると、ドットの方がいいような……という感じがしますよね。

高い方がいいものとは一概には言えませんが、オルビスユードットは有効成分を規定量配合した医薬部外品なので、肌に働きかける効果がよりアクティブ。

ネネ
ネネ

「シミを増やしたくない」、乾燥・くすみ・ゴワつきなどあらゆるエイジングサインが気になるという方はオルビスユードットが向いているのかなと思います。

また、オルビスユードットの方が後発ということもありますが、オルビスユーはベストコスメ65冠の実績があり、保湿力に定評があります。
シミ対策よりも潤い重視ならオルビスユーの方がいいのではないかなと思います。

オルビスユー&オルビスユードットはトライアルセットで試せる!

オルビスユーもオルビスユードットもトライアルセットがあり、各アイテムを7日間試すことができます。

オルビスユー 7日間トライアルセット

オルビスユー 一週間トライアルセット」は送料込みで980円(税込)!
セット内容はこちら↓

1.オルビスユー7日間体験キット
 ・オルビスユー ウォッシュ(洗顔料)14g
 ・オルビスユー ローション(化粧水)20ml
 ・オルビスユー モイスチャー(保湿液)9g
2.リンクルホワイトエッセンス(シワ改善美容液)ミニボトル 7日間分
3.ふわふわ今治抗菌タオル1枚

オルビスユー ドット7日間トライアルセット

一方、オルビスユードット 一週間トライアルセットは送料込み1,200円(税込)です。
セット内容はこちら↓

1.オルビスユードット7日間体験キット
 ・オルビスユードット ウォッシュ(洗顔料)14g
 ・オルビスユードット ローション(化粧水)20ml
 ・オルビスユードット モイスチャー(保湿液)9g
2.リンクルホワイトエッセンス(シワ改善美容液)ミニボトル 7日間分
3.ふわふわ今治抗菌タオル1枚

トライアルセット注文の注意点

オルビスははじめてという方は上のセットを注文可能ですが、どちらも初回限定なので両方を一度に注文することはできません。
上記セットを試すならどちらか一方ということになります!

ネネ
ネネ

「両方トライアルセットで試したい」という場合は、一方を上記セットで注文した後に、もう一方をオルビスの公式サイトから注文しましょう!
既にオルビス会員になっているという方も同様。

公式サイトから「オルビスユー」または「オルビスユードット」のページを開くと「トライアルセット」があるのでこれを選択!
初回限定セットとは違いちょっと価格が上がってしまいますが、同様に洗顔・化粧水・保湿クリームを7日分試せます。

オルビス公式サイトからの注文

会員ならサンプルをもらうこともできるので、別のアイテムを頼むついでにサンプルで使用感を確かめるのもいいですね。

まとめ

オルビスユーとオルビスユードットの違いについてご紹介しました。
どちらも肌はしっとり、潤いキープ力もあり使用感は好印象でした!

個人的にはオルビスユードットのモイスチャーがかなりいいなと感じました。
トライアルセットを試すと「これいい!」と感じるアイテムを発掘できるのも楽しいです。

特徴から吟味するのもいいですが、実際に使ってみると自分に合っているかどうかがわかると思います。
気になる方はまずはトライアルセットでお試ししてみるのがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA