&beとエトヴォスは似てる?下地の使用感・仕上がりを実際に使って比較

エトヴォスと&beの化粧下地を比較

肌への負担が少なく使える点を重視して作られている&beエトヴォス
「ちょっと似ているかな」という印象がありますが、中でも化粧下地はノンケミカル&洗顔料で落とせる点や、スキンケア効果のあるしっとりした使い心地など似ている点が多い!

実際、使用感や仕上がりは似ている?
気になったので確かめてみることに。

ここでは、&beの下地(UVプライマー)とエトヴォスの下地(ミネラルインナートリートメントベース)を比べてみた感想をご紹介。
実際に使って感じた、使い心地や仕上がりの違いをお伝えしていきます!

&beとエトヴォスの下地を比較

比較する下地は&beのUVプライマーエトヴォスのミネラルインナートリートメントベース。

エトヴォスと&beの化粧下地

&beのUVプライマーはカラーが1色ですが、エトヴォスのミネラルインナートリートメントベースはクリアベージュとラベンダーベージュの2色があります。
&beと色味の近いクリアベージュを使用しました。

共通点は?

「似ている」印象がありますが、2つの下地は以下の点が共通しています。

  • ノンケミカル処方(紫外線吸収剤フリー)
  • スキンケア効果がある
  • 洗顔料(石けん)で落とせる
  • 無添加へのこだわり

&beの下地は保湿美容液仕立て乾燥ダメージを防ぎ、潤い肌に導く植物由来の美容成分を配合。
エトヴォスの下地も乾燥によるくすみにアプローチする植物由来の美容成分や3種のヒト型セラミドといった保湿成分を配合し、潤いキープを重視したつくりになっています。

肌への負担を考えて&beでは以下が不使用。

鉱物油、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、合成着色料(タール系色素)、合成香料、合成酸化防止剤、パラベン、エタノール

エトヴォスでは以下が不使用。

石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、タール系色素、合成香料、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤

ネネ
ネネ

かなり共通する項目が多い印象。

パールの効果でくすみを抑えて肌の色ムラなどを補正してくれる点も共通しているかなと思います。

どちらもプッシュ式。
使う量は&beは1~2プッシュ、エトヴォスは2~3プッシュ。

エトヴォスと&beの化粧下地

違う点は?

大きく違うなと感じる点は以下。

  • 紫外線カット効果の度合い
  • 値段

どちらも日焼け止めとしての効果がありますが、エトヴォスはSPF31/ PA+++なのに対して&beはSPF50+/ PA++++とより高い紫外線カット効果があります。

また、値段もかなり違う印象が。
エトヴォスは25mlで4,950円(税込)ですが、&beは36gで2,750円(税込)。

ネネ
ネネ

エトヴォスの方がちょっとお高めです。

&beとエトヴォスの下地を実際に使用して感じた違い

実際に使ってみて感じた違いをご紹介。

使用感を比較

エトヴォスのミネラルインナートリートメントベースはきしみ感はあまり気にならず、伸ばしやすい感じ。
伸ばしたところはすごくしっとり!

エトヴォスの化粧下地の使用感


&beのUVプライマーもノンケミカルですが、きしみ感は感じずみずみずしく伸びのいい使い心地。
使用感だけなら緩めの保湿クリームのようで、肌にしっとり感が出る感じがします。

&beの化粧下地の使用感


どちらもみずみずしさのある緩めのテクスチャーで硬さに差は感じませんが、&beの方が肌へのなじみがいいように感じました。

色味自体はどちらも明るめベージュで似ている気がしますが、&beの方がピンクっぽさがあります。
ただ、ファンデほど色味の主張はないので、伸ばしてしまえば色味の差はあまり感じられないように思います。

&beとエトヴォスの下地の使用感の違い
&beとエトヴォスの下地の使用感の違い

手に伸ばしてみた感じはどちらもツヤのある仕上がりですが、&beの方はパールの効果でのツヤ、エトヴォスの方はみずみずしさから感じられるツヤという違いを感じました。

&beとエトヴォスの下地の使用感の違い

顔に使用した仕上がりの違い

手に塗っただけでも違いを感じましたが、顔に使ってみるとさらに違いを感じられました!

&beはかなりカバー力が高く、小鼻や頬の毛穴がかなり目立たなくなる感じ。

&be UVプライマーの仕上がり

エトヴォスは&beに比べればカバー力が落ちるように思いますが、潤いがすごい!
画像ではちょっとわかりにくいですが、乾燥しがちな肌でもうるうるな印象に仕上がるように思います。

エトヴォス ミネラルインナートリートメントベースの仕上がり

何度か使用しましたが、個人的にはエトヴォスの方がしっとり感が長続きする印象があります。

あわせて読みたい

&beはUVミルクの方がしっとり感が強い印象があります。
&beのアイテムでしっとり感を重視するならUVミルクもおすすめです。

&be UVミルクとUVプライマーの違いは?&be(アンドビー) UVミルクとUVプライマーを比較|使い心地や仕上がりの違いを紹介

&beとエトヴォスの下地はどちらがおすすめ?

どちらもしっとり感を感じる使い心地なので、乾燥が気になる季節の使用やしっとりした使い心地が好みの方に合っていると思います。
ただ、比べてみると少し差を感じました。

以下のような方は&beのUVプライマーがおすすめ。

&be UVプライマー
  • 毛穴をしっかりカバーしたい
  • アラを飛ばすようなツヤ感がほしい

毛穴へのカバー力がかなり高い印象があります。
パールの効果でツヤが出ることにより、肌の色ムラなどもかなり補正されるように感じました。

公式サイトはこちら
UVプライマー

一方、以下のような方にはエトヴォスのミネラルインナートリートメントベースがおすすめです。

エトヴォス ミネラルインナートリートメントベース
  • 肌の乾燥が気になる
  • 乾燥による小じわが気になる
  • 濡れたようなうるツヤ肌に仕上げたい

乾燥しがちな肌ですが、肌にすごくみずみずしさが出てびっくりしたほど。
乾燥を感じさせない仕上がりなので、潤い重視の方におすすめです。

公式サイトはこちら
ミネラルインナートリートメントベース

まとめ

エトヴォスと&beの下地の違いについてご紹介しました。
カバー力なら&beかなという感じがしますが、エトヴォスは肌がうるうるに仕上がるので若見えするイメージがあります。

似ているようで意外と仕上がりに差があるように感じたので、好みに合わせて選ぶのがいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です