子供のピアノレッスンはグループ?個人?ヤマハと出張型個人レッスンを比較

ピアノ

子供が年少、年中くらいの年齢になると、「何か習い事をさせた方がいいかな?」と考えだす親御さんは多いのではないでしょうか?
人気の習い事と言えば「ピアノ」。
我が家でも、娘が幼稚園に入園したタイミングから楽器(エレクトーン・ピアノ)を習わせています。

具体的には、ヤマハ音楽教室でのグループレッスンを経て、今では先生が家に来てくれる出張型の個人レッスンを受けています。

今回は、グループレッスン、個人レッスンの両方を体験した経験から、それぞれのメリット・デメリットについてまとめていきたいと思います。
「ピアノを習わせたいけど、グループがいい?個人がいい?」とお悩みの方へのご参考にして頂けたらと思います!

楽器を習うなら個人とグループ、どちらがいい?

「グループの方が他の子に影響されて頑張れる?」
「個人レッスンの方がしっかり見てもらえる?」
ピアノやエレクトーンといった楽器を習うなら、グループレッスンがいいか個人レッスンがいいのかお悩みの方も多いと思います。

我が家はヤマハ音楽教室でのグループレッスンから始め、今は知人の紹介でピアノの先生から個人レッスンを受けています。
個人、グループ両方の経験からそれぞれに感じるメリット・デメリットをまとめてみました。

グループレッスンのメリット・デメリット

グループレッスンの場合、先生一人に対して子供が複数人という状況は幼稚園や保育園の状況に近いものがあります。
他の子供の様子を意識しながらレッスンに取り組むため、子供がほどよい緊張感を持ってレッスンに挑めるように思います。
そして、複数人で音合わせをする機会が多く与えられるため、一人で弾くとシンプルな印象のパートでも、みんなで弾くと迫力が出ることを体感できたりと、音楽をより楽しめるような気がします。

しかし、先生が一人で数人の生徒を見る必要がある分、念入りに見てもらうのは難しいというのも事実。
うまく弾けなかったとしても、その日のレッスンの予定を優先して次に進んでしまうことがあります。
そして、人見知りの子供の場合、他の子供の輪に入りづらくレッスンを楽しめない可能性もあります。

グループレッスンのメリット
  • ほどよい緊張感を持ってレッスンに参加できる
  • 複数人で音を合わせられるので、音楽をより楽しめる
グループレッスンのデメリット
  • 先生との1対1の接触時間が短い
  • できなくてもレッスンは進んでしまう
  • 人見知りの場合、クラスに馴染めないこともある

個人レッスンのメリット・デメリット

一方、個人レッスンの場合は、1対1なので先生にじっくりと見てもらうことができます
できないところは何度も繰り返し練習できるので、グループレッスンのようにできないまま次に進んでしまう心配はありません。
しかし子供と先生の距離が近い分、相性も重要になってきます。
先生と合わない場合、レッスンが嫌になってしまう可能性も。

また、出張型の個人レッスンの場合は、送り迎えが不要という点がいいですが、家でやる分子供がだらけがちです。
ホームなのでリラックスした状態でレッスンできますが、緊張感を欠きやすいです。

個人レッスンの
  • 先生にじっくりと見てもらえる
  • (出張型の場合)送り迎えの必要がない
個人レッスンのデメリット
  • だらけやすい(家でのレッスンでは特に)
  • 先生との相性が重視される

グループレッスンって実際どう?
ヤマハ音楽教室のグループレッスンの特徴

我が家では、娘が年少になったタイミングでヤマハ音楽教室に入会しました。
年少向けの「おんがくなかよしコース」と年中・年長向けの「幼児科」でレッスンを受講していたので、「ヤマハのレッスンって実際どう?」という部分を中心にご紹介したいと思います。

ヤマハ音楽教室の特徴

ヤマハ音楽教室の特徴や、実際に通ってみて感じた良い点、気になる点をまとめました。

レッスンは親の同席が必須

「おんがくなかよしコース」、「幼児科」どちらのコースでも、レッスンには親の同席が必須です。
保護者と参加できることで子供が安心してレッスンに挑めるように思いますが、逆に言えば親が子供をサポートしてあげることが求められます。
子供が弾くのに戸惑っていたら教えてあげたり、特に幼児科では、どの曲をどこまでこなしたか把握し、家で練習する必要もあるので、結構メモをとる機会があったりと気は抜けません。

下のお子さんを連れて出席するのももちろんOKですが、じっとしているのが苦手な子を連れている場合、保護者は少し大変かもしれません。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

我が家でも未就園児の次女を連れて通っていましたが、次女が飽きないように絵本やお絵かきノートなどを毎回準備して参加していました

幼児科まではエレクトーンのみ

「ピアノを習わせたい!」と思っていても、ヤマハの場合「幼児科」まではエレクトーンでのレッスンのみです。
ピアノコースを選択できるのは小学生から。

月謝以外の出費も必要

月々のレッスン料とは別に、諸経費がかかります。
会場によって料金は異なりますが、娘が通っていた教室では以下の費用が必要でした。

  • 入会金:5000円
  • 施設費(毎月):800円
  • 教材費(半年に一度):5400円(幼児科)
  • 発表会参加費:8000円
    ※費用は全て税抜

家に楽器が必要

「おんがくなかよしコース」ではレッスン中にエレクトーンを使う機会は少ないので、家に楽器がなくても大丈夫です。
しかし、「幼児科」になると毎回弾く宿題を出されるため、家に楽器が必要になります。
レッスンはエレクトーンですが、家で練習する楽器はピアノでもOKです。

ヤマハの店舗では電子ピアノからアップライトピアノ、エレクトーンなどの新品、中古品を取り扱っているので、楽器がない場合はそこで購入するように勧められます。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

娘の教室の先生はタッチを重視しているようで、電子ピアノは絶対に買ってはいけないような勢いで否定。
アップライトピアノまたはエレクトーンの購入を求められました。

しかし、アップライトピアノはかなりのお値段。
エレクトーンも新品で購入するとなかなかのお値段
です。
運よくエレクトーンの中古品があり約9万円で購入。
楽器代もそれなりに覚悟しておく必要があります。

発表会は参加必須の雰囲気

会場によって異なる場合もあるかもしれませんが、幼児科2年目に発表会があるところが多いように思います。
「発表会には参加しますか?してみませんか?」という感じではなく、参加すること前提で話が進み、日程や課題曲を知らされました。
(教室によって違うのかもしれませんが・・・)

また、娘の通っていた教室では「発表会では衣装を合わせたいのでお母さん方で話し合って・・・」と保護者の協力を求められる部分もあり、他のお母さん方との交流が億劫な方は多少面倒に感じてしまうところがあるかもしれません。

幼児でも音がわかる&両手で弾けるようになる

「おんがくなかよしコース」までは音楽に慣れる、音楽を楽しむということが主な目的のようで、エレクトーンを使っても「弾く」という感じではありません。
しかし、「幼児科」になると途端に音階を学び、エレクトーンで曲を弾くレッスンに変わっていきます。
幼児科に進級して半年で両手で弾く曲を練習し始め、和音を覚え、ハ長調やヘ長調といった雰囲気の違う曲をいくつかこなすことになります。

また、ヤマハのレッスンでは聴く力を鍛えることを重視しているので、音感が鍛えられます。
幼児科に通い始めて1年もすれば、ランダムに弾いた音を聴いて、何の音か当てられる位には耳が鍛えられます。

幼児向けコースの特徴

未就学児向けのコースである「おんがくなかよしコース」と「幼児科」の特徴を改めて下にまとめました。

おんがくなかよしコース

  • 3歳(年少)からのコース
  • 親の同席は必須
  • レッスンは1回50分(月3回)
  • エレクトーンよりも歌や体を使ったリズム表現が中心
・期間:1年または半年(会場により異なる)
・レッスン形態:グループレッスン(1クラス8名程度)
・回数:月3回
・レッスン時間:1回50分(※教室の入れ替え時間を含む)
・開講月:5月・11月(※途中入会可能)
・レッスン料金:5,000円(税抜・月額)(※教材費が別途必要)
・入会金・施設費:教室によって異なる

幼児科

  • 年中・年長(4歳・5歳)からのコース
  • 親の同席は必須
  • レッスンは1回60分(年40回)
  • 聴く、歌う、弾くをバランスよく実施
  • 音感が鍛えられる
  • 両手を使って曲が弾けるまで成長できる
・期間:2年(会場により異なる)
・レッスン形態:グループレッスン(1クラス10名程度)
・回数:年40回
・レッスン時間:1回60分(※教室の入れ替え時間を含む)
・開講月:5月・11月(※途中入会可能)
・レッスン料金:6,500円(税抜・月額)(※教材費が別途必要)
・入会金・施設費:教室によって異なる

(参考: https://www.yamaha-ongaku.com/music-school/

個人レッスンってどんな感じ?
出張型個人レッスンの特徴

ヤマハのレッスンを受けていましたが、幼児科の途中で退会。
今では知人の紹介を受けてピアノの先生から個人レッスンを受けています。

「自宅で行う個人レッスンってどんな感じ?」という点をご紹介していきたいと思います。

個人レッスンの特徴

グループレッスンから個人レッスンに乗り換えてみて感じた特徴についてご紹介します。

注意
個人レッスンの場合、先生の考え方や方針に依存するところが強いです。
一概には言えない部分もありますが、我が家の場合としてご参考までに読んで頂けたらと思います。

親の負担が少ない

1対1でのレッスンなので先生がじっくりと見てくれるため、親のサポートはほぼ不要です。
自宅でのレッスンならずっと側についていてあげる必要もないので、下の子がいて一緒にレッスンに通うのは大変と感じる方でも、負担が少なくて済みます。

月謝以外に先生の交通費が必要

月謝以外にも必要な費用があります。
我が家の場合は以下の費用を払っています。

  • 先生の交通費:1回500円
  • テキスト代:1000円(税抜)

テキストは半年や1年に一度といった感じではなく、テキストが終わったら新しいものを購入していく感じです。
使うテキストは先生と相談して決めることができるので、子供のレベルや好みに合わせた教材を選ぶことができています。

家に楽器が必要

自宅でのレッスンなので、家に楽器があることは必須です。
アップライトピアノはもちろん、電子ピアノ、エレクトーンなどの用意は必要です。

兄弟をまとめて見てもらうことも可能

先生の時間が確保できれば、兄弟をまとめて同じ日にレッスンしてもらうことも可能です。
教室でのグループレッスンの場合、対象年齢は決まっているので兄弟で通わせたくても別々の日程のクラスに通う必要がありますが、個人レッスンの場合はまとめて見てもらえるので日程調整の負担が少なくて済みます

楽譜が読めるように成長

個人レッスンでは1対1でしっかりと楽譜を見て音を読み、弾き方を指導してもらえます。
グループレッスンのようにできなくても、スケジュールの都合上次に進むということもありません。
じっくりと教えてもらえた結果、楽譜を見て音を意識して弾くことができるようになってきました。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

ヤマハに通っていた時は音の高さも長さも耳で聴いて判断している部分が多かったように思います。
先生の方針によるところが強いと思いますが、個人レッスンに変えたことで楽譜を見て弾くという基本的な部分が身についてきたように思います。

先生を探すのが難しい

個人レッスンをしてくれる先生を探すのは、ヤマハのような大手のスクールに入会するよりも難しい可能性があります。
HPで生徒募集している場合、時期によっては既に生徒募集は終了している場合があり、そもそもHPを持たず紹介制で生徒を集めている先生もいます。
出張レッスンに対応してくれる先生を探すのは、更に難しいかもしれません。

ヤマハのグループレッスンから個人レッスンに切り替えた理由

我が家は幼児科2年目の7月にヤマハを退会。
8月から自宅での個人レッスンに切り替えました。

ヤマハでのグループレッスンを通じて、両手での演奏ができるようになったり、耳が鍛えられたりと良い面も多々ありましたが、退会を決めたのは以下の理由からです。

個人レッスンに切り替えたいと感じた理由

姉妹で通わせる場合、週に二度教室に行く必要がある

今後、次女もレッスンに通わせることを意識した結果、まとめて一度にレッスンしてもらえる個人レッスンの方が都合がいいと感じたためです。
ヤマハの場合は、学年ごとにクラスが設けられていますが、曜日や時間は様々。
姉妹で同じ曜日に続けてレッスンできる訳ではなく・・・
週に二度レッスンに付き合うことに負担を感じてしまいました。

子供がクラスに馴染めない

週に一度同じレッスンを受けるメンバーではありますが、人見知りなところがある娘は、クラスのお友達にあまり馴染めませんでした。
「グループでのレッスンなら楽しくできる!」ような気がしていましたが、毎日会う幼稚園のお友達とは違い、週に一度会う程度の仲ではあまり馴染めず、一緒に楽しくレッスンするというほどの意識は感じられなかったように思います。

レッスン料が高い

施設費込みで月々8000円近い月謝。
加えて教材費や発表会参加費など、結構お金がかかると感じていました。
もう少し費用を抑えて受けられるレッスンがあれば・・・と思ったためです。
ちなみに、現在習っている個人レッスンでは月々5000円程度です。

個人レッスンに切り替えた結果の満足度

上記の理由からヤマハを退会して、自宅での個人レッスンに切り替えましたが、結果かなり満足しています。
まず、何より送り迎えの必要がないことでかなり負担が減ります。
下の子が騒ぎ出さないか、飽きたらどうしようか、トイレは大丈夫か気にする必要がないので精神的な負担もかなり減りました。

そして、娘のペースに合わせてレッスンしてもらえる点もいいです。
グループレッスンでは、一人一人弾いてみることは少なく、ほぼ「みんなで一緒に弾いてみましょう」という感じだったので、間違えたり遅れたりしてもやり直してもらえないことが多かったです。
個人レッスンでは一人で弾くので間違えやリズムの遅れは明白にバレますが、その分納得いくまで練習させてもらえます

先生との距離が近い分、「この曲を弾いてみたい」という子供のリクエストも聞いてもらえ、楽しくレッスンできています。
そのため、マンツーマンの方が娘には合っていたようです。

結局、グループレッスンと個人レッスンどちらがおすすめ?

娘には個人レッスンが合っていましたが、全ての人に個人レッスンの方が合っている訳ではないと思います。
グループか個人かは、お子さんの性格や親御さんの希望を加味する必要があります。
個人的には以下のようにお考えの場合、ヤマハのグループレッスンが向いていると思います。

  • 音感を鍛えたい
  • 仲間意識、競争意識を芽生えさせたい
  • 弾くだけでなく、歌やリズム遊びなど総合的に教えてほしい

一方、以下のようにお考えの方は、個人レッスンの方が向いているのではないかと思います。

  • 楽譜を読めるようにしてほしい
  • 子供は人見知り気味
  • 兄弟をまとめて同じ日にレッスンしてもらいたい
  • 下の子を連れてレッスンに同席するのが不安

体験レッスンをしている場合もあるので、まずはそこから始めてみるのも手ですし、どちらを選んだとしても、途中で変更することも可能です。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

「どちらがいいかわからない・・・」という場合は、個人的には個人レッスンの先生を探す方が難しいと思うので、先生を見つけたら、まずはそちらからアプローチしてみるのがいいのではないかと思います。

まとめ

ヤマハ音楽教室でのグループレッスンと出張型の個人レッスンの特徴を比較してご紹介しました。
それぞれメリット・デメリットがあるのでどちらがいいか一概には言えませんが、「他の子供と仲間意識、競争意識を育みながらレッスンさせたい」ならグループレッスン、「子供のペースに合わせてじっくり進めていきたい」なら個人レッスンが良いのではないかと思います。

我が家のようにまずは初めてみて乗り換えるという手もアリだと思います。
どちらにしろ、お子さんが楽しんでレッスンできているかという点が最も大事なポイントだと思います!