ヘアビューロンを使い続けると髪が変わる?!使用歴1年の効果と使い心地

30代になってから肌の乾燥が気になるようになりましたが、それと同じ位気になるのが髪のパサつき。
年齢の所為かとも思いましたが、日常的にアイロンを使っていることも原因の可能性が・・・

アイロンは使いたいけど、髪のダメージが気になる!ということで、髪に優しいアイロンをめちゃくちゃ調べた末に見つけたのが「ヘアビューロン」。
美容院でも使用されている位、高性能なヘアアイロンです。

今回は、このヘアビューロンの魅力と効果についてレポートしていきたいと思います。

ヘアビューロンとは

「髪を傷めない」
「使い続けるとクセが減る」
アイロンなのにそんなことあるの?と思える位の噂が広がる「ヘアビューロン」。

リュミエリーナという会社が開発した独自の技術バイオプログラミングを搭載していることが大きなポイントです。

バイオプログラミングとは

バイオプログラミングは、量子力学の観点から開発された技術。

髪の主成分はタンパク質。
そしてタンパク質の周りには、タンパク質同士を結びつけたり、その働きを助けたりする水分子が存在しています。
バイオプログラミングは、この水分子へ直接働きかけ、タンパク質と水分子の構造ををより強固にする技術です。
ヘアビューロン箱

つまり、スタイルを整えながら髪質を改善できるという素晴らしい技術が詰まっています。

他のアイロンとの違い

ヘアアイロン

髪はカラーやパーマ、ドライヤーの熱によりダメージを受ける他、加齢という身体の変化による影響も受けています。
その結果、髪の水分子の密度が下がり傷みを感じるもの。
高温で使用するヘアアイロンも、通常はダメージをもたらすものです。
そのため、アイロンを使う際は、同じ部分に何度も熱を与えるのはご法度!
「ヘアアイロンを当てるのは5~10秒以内!」なんて聞いたこともあるのでは?

しかし、ヘアビューロンは同じ個所に長時間当ててもOK。
単にうっかり長い時間当ててしまっても大丈夫という話ではなく、むしろ長時間の使用で美髪効果が高まるとされています。
実際、ヘアビューロン ストレート 4DPlusを1時間髪に当て続けた結果、髪のツヤ、滑らかさ、水分量がアップしたという検証結果が。

髪質改善できるヘアビューロンは、単にスタイルを整えるための道具ではないのです。

ヘアビューロン ストレートの特徴

私が購入したのは「ヘアビューロン ストレート 3DPlus」。
上位モデルとして「4DPlus」もありますが、お値段に1万円の差が・・・
3DPlusでも4万円近い値段設定だったので、その効果に期待してこちらを購入しました。

温度は180℃まで7段階で設定可能

温度設定は40~180℃。7段階で温度を設定できます。
電源を押してから温度を選択。
温まるとランプが点灯するので一目で見てわかるところが便利。

ヘアビューロン温度

半永久的に使える特殊セラミック製

プレートは特殊セラミック製。
ここが金属のプレートでできているアイロンもありますが、金属と比較してスタイリッシュなだけではなく、セラミックはかなり劣化しにくい作り。
半永久的に使えるので、プレートの劣化による買い替えの心配はかなり少なくて済むのではないでしょうか。

セラミックプレート

プレート間には若干の隙間

プレートを合わせて閉じた状態にしてみると若干の隙間が。
「え?不良品?」と思いきや、これは敢えて作られた隙間。
髪の厚みや摩擦を考慮した形状となっています。

ヘアビューロン

正規品にはシリアルナンバー表記あり

高級ヘアアイロンであるヘアビューロンには偽物が流通していることも。
正規品は本体にシリアルナンバーが表記されています。
偽物か本物かはここを確認すればわかります。

シリアルナンバー

【使用歴1年】ヘアビューロンの効果

「特殊な技術で髪質を改善してくれる」
理屈はわかっても、「本当にそうなの?」というのが気になるところですよね。
では、肝心なヘアビューロンの使用感についてご紹介していきます!

使用前後の髪を比較

いつもは140℃で使用。
急いでいるときや、しっかりめにストレートに仕上げたい日は160℃で使用しています。

◇ヘアビューロン使用前◇

私の髪質は太め固め。
寝起きは寝ぐせも相まってうねりが気になります。

ヘアビューロン使用前
ヘアビューロン使用前

何もしないと髪の広がり、うねりがどうにも気になるので、髪を下ろしている日はアイロン必須!

そんな髪でもヘアビューロンを使用すると・・・

◇ヘアビューロン使用後◇

ナチュラルストレートに仕上がります!

ヘアビューロン使用後
ヘアビューロン使用後

髪の収まりがかなりよくなっているのがわかるかと思います。
朝はあまり時間がないのでさっと滑らせる程度の使い方ですが、簡単にストレートに。

そして、驚くのはその手触り
以前は3000円前後のアイロンを使っていましたが、髪が真っすぐになると共に傷みも加わっていたようで、指を通しても髪の硬さやパサつきを感じていました。
しかし、ヘアビューロンは髪が柔らかく指通りよく仕上がります。

https://30s-report.com/wp-content/uploads/2020/02/DSC076392-2.jpg
ネネ

何なら電源を入れていない状態で髪を挟んだだけでも、髪が柔らかくなるという信じられないほどの効果があります!

1年使用して髪質の変化はあった?

ヘアビューロンを使用し始めて、丁度1年経過しました。
正直に言いますと、上のヘアビューロン使用前の写真からもわかるように、髪のクセがなくなった!という劇的変化はありません。
しかし、これでも以前と比較すればかなり収まりのいい髪に変わってきました。
こちらのアイロンに替えてから、枝毛の量もかなり減りました

以前使用していたアイロンでは、傷まないように気を付けて使っていたつもりでも、ダメージがすごかったですが、こちらは気を配らなくてもそれ以上の仕上がり&髪質改善効果が得られていると思います。

安いものでは2000円程から購入できるヘアアイロン。
しかし、肌と同じようにだんだんと髪の衰えも感じる30代の私にとっては、ダメージ覚悟の安いアイロンよりも、髪に優しいヘアビューロンの方が確実に合っていました。

まとめ

ヘアビューロンの特徴と使用感についてご紹介しました。
4万円近いかなり高額な買い物でしたが、長期的な目線で考えるといい買い物をしたと思います。
仕上がりも髪への影響も安いアイロンとは全然違います!

アイロンは使いたいけど、ダメージが心配という方にはかなりおすすめしたいアイロンです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です